サッシのディテール

アルミのLアングルを使った押縁サッシです。枠の見付幅を小さくして、ほぼガラスの面を見せるようにすることで、とてもスッキリとした印象になりました。


このサッシはリビングと階段の間にある壁に設けていて、階段の向こうにある玄関まで視線が抜けていきます。玄関照明もいい感じで見えています。


どうしたら細部まで美しく納まるのかを考えることは楽しくもあり大変でもあるのですが、それをあれこれ考えている時間もまたいいものかな、と思います。時々、ジョギング中に「あ!」と思いつき、帰って早々に汗だくでメモしたりすることもあります。